思考の整理を10倍早くする”才能”の使い方【ストレングスファインダー内省・コミュニケーション】

こんにちは!

”才能を10倍使いこなす専門家”の井上です!

 

仕事や将来のことについて、頭の中がごちゃごちゃしているのですが、うまく整理できずに困っています・・・

という相談を受けました。

 

実は、”才能”によって得意な思考の整理方法が違います

あなたの”才能”に合った方法で頭を整理することが大切です!

 

苦手な方法で頭を整理しようとしていたら、中々まとまらず、苦しいでしょう。

 

この記事では、以下のような疑問に答えます。

・頭の中を整理できずに困っている・・・

・得意な方法で効率良く頭の整理したい!

 

思考の整理を10倍早くする”才能”の使い方

 

ストレングスファインダーの資質によって得意な頭の整理方法が違います。

 

代表的な資質はこの2つ。

 

コミュニケーション:人と話すことで整理する
内省:一人で深く考えて整理する

 

得意な方法で思考を整理することで、圧倒的に効率化が見込まれます。

 

人と話すことで頭の中を整理する”コミュニケーション”の才能

コミュニケーションの資質を持つ方は、人と話しながら頭の中を整理するのが得意です。

 

コミュニケーションの資質を持つ私のお客様は、

「ホワイトボードを書きながらチームメンバーと話している時が、一番気付きが多く頭が整理される」

と言っていました。

 

コミュニケーションを持つ方は、「一人で考えても中々まとまらない」傾向があります。

話がまとまっていない段階でも、まず人に話してみることがオススメです。

 

一人で深く考えて整理する”内省”の才能

内省の資質を持つ方は、一人でじっくりと頭の中を整理するのが得意です。

 

内省の資質を持つ私のお客様は、

「頭を整理する定期的に一人でしっかりと考える時間を確保している」

と言っていました。

 

内省を持つ方は、「考えがまとまってない状態で誰かに話すことに抵抗を感じる」傾向があります。

まずは一人で考える時間を確保することがオススメです。

 

【大切なこと】”才能”を理解しあなたに合った方法で整理すること

大切なことは、あなたの才能に合った方法で頭の中を整理することです。

 

コミュニケーションの方が、ずっと一人で悩んでいても、まとまりませんし、

内省の方にとって、意見をまとめる前に話すことはストレスになります。

 

あなたの”才能”に合わせて整理していくことが大切です!

 

【注意点】極端にならないように

「あなたの”才能”に合わせて、得意な方法で整理しよう!」

とお伝えしましたが、それだけ100%するのも危険です。

 

例えば、

コミュニケーションの方ですと、整理するためにずっと誰かを拘束してしまうと、相手の時間を奪い、迷惑と思われる可能性もあります。

 

内省の方の場合は、一人で考えるだけでアウトプットしないと意見がない人と思われる可能性もあります。

また人と話すことで新たな気付きをもらえることもあります。

 

あなたの”才能”による傾向を知った上で、使い分けていくことが重要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

“才能”によって、得意な頭の整理方法が違うことを紹介しました。

 

もし、頭が整理できずに困っている・・・

と悩んでいる方は実践してみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です