キャリアは意思決定の連続【キャリコン3年間で気づきました】

こんにちは、自己理解キャリコンの井上です。

 

 

キャリアは意思決定の連続だと感じます。

 

キャリコンを3年間してきて、自分の体験をベースにお伝えします。

 

 

✔今後のキャリアを迷っている

 

✔やりたいことがあるけど、どうしていいかわからない

 

方の参考になればうれしいです!

 

 

 

 

キャリアは意思決定の連続

僕は大手SEから全くの未経験でキャリコンとして独立しました。

 

この決断をするにはすごい勇気が必要でした。

不安で寝れない夜が何日もありました。

 

正直これ以上の選択は今後しない、そもそもないだろうと思っていました。

 

最近一度だけではないんだ、この大きな意思決定の連続でキャリアが作られるんだと感じます。

 

 

キャリコン3年での意思決定

キャリコンとしての活動を始めて3年が経ちます。

 

とてもありがたいことに多くの方のキャリアサポートに携わらせていただきました。

本当に感謝です。

 

一方でこのままでいいのか?
という漠然とした気持ちもあります。

 

 

✔このままのサポート水準でいいのか?

✔もっとキャリアの課題って根深いんじゃないのか?

 

 

と始める前にはわからなかった気づきがあります。

 

 

意思決定は不安と背中合わせ

キャリアの大きな課題を解決していくためには1人の力だけでは、難しい面が多く出てきます。

他者の力を借りる必要があります。

 

今までは個人事業主としての活動だったのがチームや組織での活動に発展します。

 

すると次は「経営者」としてのステージに進みます。

 

そこには

 

✔自分は経営者としてやっていけるのか?
✔一緒に働くメンバーを幸せにできるのか?

 

という不安が出ます。

 

 

でも、そんな想いに気づいてしまったら、後戻りは出来ません。

次に進むと意思決定することで未来が開きます。

 

 

不安とワクワクの中を進む

気づいたら経営者関係の本を購入し読んでいました。

 

まずは経営者としての考え方をインストールするところから始めます。

 

3年前は自分が経営者としての意識で活動をすることになるとは思ってもみませんでした。

 

数年間活動すると大きな選択が待っているんだと感じます。

 

きっとこの決断の繰り返しが人生の充実感を作るんだなぁと感じます。

 

先に進むと決めるのは怖いですが、同時にワクワク感もあるものです。

 

次のステップに入ったばかり。
新しい道を開くのが楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です