記憶力がいいのは”才能”!【ストレングスファインダー原点思考】の活かし方

こんにちは!

”才能を10倍使いこなす専門家”の井上です!

 

人より記憶力がいいと感じているのですが、これも才能でしょうか?

とお客様から質問をいただきました!

 

あなたも

「過去にあったこと覚えてるし、記憶力良いかも!」

って思ったことはありませんか?

 

この記事では、記憶力の良さを活かす方法を紹介します。

 

・記憶力の良さをもっと活かしたい!

・ストレングスファインダー”原点思考”ってどうやって活かせばいいの?

 

このような疑問に答えます。

 

記憶力がいいのはストレングスファインダーの”原点思考”という才能

記憶力がいいのは、ストレングスファインダーの”原点思考”という資質を上位に持つ方の特徴です。

原点思考を持つ方は、過去に起きた出来事(成功事例/失敗事例)や、これまでの経緯から、今後の行動を判断をしていくことが得意です。

 

過去の経緯や事例を重要視しているため、無意識に過去の出来事を覚えており、記憶力が良くなる傾向があります。

 

ストレングスファインダー”原点思考”の記憶力の良さの活かし方

記憶力の良さを活かす方法を紹介します。

 

1. 開始当初の目的を共有することで、プロジェクトの方向性をぶらさずに進める

原点思考を持つ方は、プロジェクト開始当初の目的や経緯を正確に覚えています。

目的や経緯を定期的にプロジェクトメンバーと共有することで、軸をぶらさずプロジェクトを推進することができます。

 

「いや、全員プロジェクトの経緯とか覚えてるでしょ!?」

と原点思考を持つあなたは思うかもしれません。

 

それは原点思考を持つあなただからこそ覚えているのです!

目の前のことに追われて当初の目的を忘れてしまうことは、僕はよくあります。笑

そんな時に、当初の目的を共有することで、円滑に進むようになりますよ!

 

2. 過去に起きた重要だけど緊急でないことに取り組む機会を設ける

原点思考を持つ方は、記憶力が良いので、未決定事項や過去の課題も覚えています。

その中で、重要だけど、緊急でないため、後ろ倒しされている課題も出てくるかと思います。

そういった課題を記憶していて、少し余力が出た時に周知することで、チームの能力向上が図れます。

 

3. 一度会ったことがある人と信頼関係を築く

原点思考を持つ方は記憶力が良いので、一度会った方とのエピソードをしっかりと覚えています。

再び会う機会があれば、その時のことを覚えていることを相手に伝えてあげましょう!

覚えていてもらえると相手はうれしいので、信頼関係構築に役に立ちます!

 

原点思考を持つ僕のお客様でも、一度会った方のことは忘れないと言っていました!

すごい!!

 

原点思考を持つ方のオススメの休日の過ごし方【おまけ】

おまけとして、原点思考を持つ方のオススメの休日の過ごし方を紹介します。

いずれも原点思考を持つ方が「楽しいー!」と話していたことです!

 

「最近エネルギー出ないな~」

と思う方はぜひ試してみてください!

 

1. 歴史博物館に行く

原点思考を持つ方は、歴史好きな傾向があります。

原点思考を持つ方が「休日8時間くらい博物館で過ごした!」

と楽しそうに話していて、とても驚きました!

 

2. 歴史の資料集を見る

1番と近いですが、歴史が好きなので、資料集を見るのが大好きという方も多い傾向です。

「休日歴史の資料集見て過ごして楽しかった!」

と話していて、こちらもとても驚きました!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ストレングスファインダー”原点思考”の特徴の一つである「記憶力の良さの活かし方」について解説しました。

 

思い当たることがあれば、ぜひ実施してみてください!

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です