物事を深く考えられる”才能”!【ストレングスファインダー内省】を10倍活かすための魔法の一言【具体例で解説】

こんにちは!

”才能を10倍使いこなす専門家”のあごやんです!

 

ストレングスファインダー “内省” のお客様から以下の相談をいただきました。

 

お客様からの相談

・仕事でお客様から突発的に質問を受けることが多いのですが、即答が苦手で困っています・・・

・一回自分の中で腑に落としてから、答えるのは大丈夫なのですが、急に質問されると焦ってしまいます・・・

 

・それで自信をなくしてしまい、どうしたら良いでしょう・・・

 

内省の方はコーチングをしていても

質問してから答えが来るまでの

他の方に比べて長いのが特徴!

 

その分本質的な回答が返ってきます!

 

だからこそ、このように悩まれる内省の方が多いかなと感じます。

 

この記事では先述した相談に具体的に答えます。

 

以下のことで悩んでいる方は、ぜひ読み進めてください!

 

・質問に即答することが苦手で悩んでいる・・・

 

・中途半端に質問に答えるのに抵抗があるがどうしていいかわからない・・・

 

・ストレングスファインダー内省をうまく活かしたい!

 

物事を深く考えられる”内省”の才能

内省は、物事を深く考えられる資質。

 

普段から深く思考しており、

本質的な答えを導きだすことが得意です。

 

だからこそ、考えがまとまっていない状態で答えることはストレス。

 

逆にコミュニケーションの資質を持つ方は、
話しながら考えをまとめるのが得意。

 

 

 

内省が急な質問を受けた時の魔法の切り返し

冒頭の相談に対して、内省を活かすための方法を紹介します。

 

中途半端に回答するとあなたもストレスを感じるし、
質問者にも納得できず、お互いのためになりません。

 

急な質問を受けた時にどう切り返せば良いのでしょうか?

 

それは、

「考えるので、少々お時間ください」

と相手に伝えるのです。

 

内省は考える時間があれば、しっかりとまとめて

わかりやすく本当に相手のためになる回答を伝えることが出来ます。

 

そのための考える時間がほしい!

としっかりと相手に伝えるのです。

 

シンプルな一言ですが即答の練習をするより効果ありますよ!!

 

 

僕のお客様の変化

僕のお客様は、質問が来た時に考える時間をしっかりと確保するようにしてから、以下のような変化がありました。

 

時間を確保する前

・急な質問が怖くて仕事を楽しめない

・考えをまとめる時間がないから、本当にお客様のためになる提案ができず毎日モヤモヤする

・焦って答えるので、うまく伝えられずに自信をなくす

 

 

時間を確保した後

・考えをまとめられるので、お客様の要望に沿った提案ができる

・お客様に喜んでもらえるようになって、仕事が楽しくなった

・考える時間が長いのは弱みと思っていたが、強みと捉えられるようになった

 

 

さらに、そのお客様は転職活動の面接でもこれらを活かしました!

 

用意していない質問の時は、考えをまとめる時間をもらい、

自信をもって回答することができたのです!

 

見事第一志望から内定をいただきました!

 

 

急な質問に対して内省を10倍活かすコツ

以下を意識することで、

急な質問が来た時に物事を深く考えられる内省を活かすことが出来ます!

 

内省を活かすコツ

①内省で考えるのに時間が必要なタイプと知る

 

②考える時間があれば落ち着いて回答が出来ることを知る

 

③考えるための時間を確保する

 

④自分の中で腑に落として回答する

 

 

逆に以下の流れに入ると内省を活かせず苦しんでしまうので注意が必要です。

 

内省の注意点

①内省で考えるのに時間が必要なタイプと知る

 

②突発的な質問に恐怖を感じる

 

③突発的な質問が来た時に焦って答える

 

④自信をなくす

 

 

あなたが内省でじっくり考えてから、

物事を伝えるタイプだと相手に教えてあげましょう!

 

内省が上位にない方は

じっくり考えるあなたに抵抗があるかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は

ストレングスファインダー内省を活かすためのコツをお伝えしました!

 

実際に試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です