ストレングスファインダーの開発プロセスを解説する

こんにちは、自己理解キャリアコンサルタントの井上です。

 

この記事では、ストレングスファインダーの開発プロセスを解説します。

 

ストレングスファインダーの解説プロセスを知りたい。

 

このような疑問にお答えします。

 

ストレングスファインダーの開発プロセス

ストレングスファインダーは、Gallup社という世論調査を行うアメリカの会社が開発しました。

 

ストレングスファインダー開発プロセスがこちら。

 

 

1.Gallup社が成功者200万人に「強み」を探るインタビューを実施

2.インタビュー結果から、5,000種類の「才能」を発見

3.似た「才能」を「資質」として34種類にまとめる

4.皆が34資質を活かせるようにストレングスファインダーというツールを開発

 

 

一つずつ解説します。

 

1.Gallup社が成功者200万人に「強み」を探るインタビューを実施

 

まず、Gallup社は、200万人にインタビューをしました。

 

「ある人が成果を出している時に、無意識に使っている強みを探る」インタビューです。

本人も気付いてない強みをインタビューで探したのです。

 

2.インタビュー結果から、5000種類の「才能」を発見

 

200万のインタビューから、無意識に使っている強みが5000種類あることがわかりました。

 

この5000種類の強み一つ一つを「才能」と呼びます。

 

才能の例

・初対面の人とも抵抗なく話が出来る

・事前にあらゆるリスクを検討して行動出来る

・その場の流れに合わせて臨機応変に対応出来る

・言いにくいことでもハッキリと相手に伝えることが出来る

 

このような才能が5000種類あったのです。

人それぞれ成果を出すための才能が異なることがわかります。

 

3.似た「才能」を「資質」として34種類にまとめる

 

5000種類の「才能」では、数が多すぎて扱いにくいため、似ている才能を34種類に分類しました。

34種類の分類を「資質」と呼びます。

1つの「資質」に複数の「才能」が入っているため、同じ資質を持っていても人によって微妙に現れ方が異なります。

 

4.皆が34資質を活かせるようにストレングスファインダーというツールを開発

 

34資質を皆が使えるようにするために、ストレングスファインダーというツールが作られました。

Web上で、177個の質問に答えることで34種類の資質の中から、顕著に出ている上位5つの資質を知ることが出来ます。

 

ストレングスファインダーを受けてわかる上位5資質の結果が、あなたが無意識に使っている強みなのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、ストレングスファインダーの開発プロセスを紹介しました。

 

ストレングスファインダー開発プロセス

1.Gallup社が成功者200万人に「強み」を探るインタビューを実施

2.インタビュー結果から、5,000種類の「才能」を発見

3.似た「才能」を「資質」として34種類にまとめる

4.皆が34資質を活かせるようにストレングスファインダーというツールを開発

 

ストレングスファインダーは、無意識に使っている強みを言語化したツールです。

ストレングスファインダーを受けることで強みを活かせるようになりますよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です