ストレングスファインダーの結果から「わかること」「わからないこと」

こんにちは、自己理解キャリアコンサルタントの井上です。

「ストレングスファインダー良いよ!」ってオススメすると、「何が良いのー?」と聞かれることがあります!

ストレングスファインダーを受けようか検討している人のために、ストレングスファインダーを使うと、何が出来て何が出来ないのかを紹介します!

 

ストレングスファインダーを受けると資質がわかる

ストレングスファインダーでは、177個の質問に答えると、以下34の資質の中から、あなたの上位5つの資質がわかります。

 

 

井上の結果

 

ストレングスファインダーから「わかること」

ストレングスファインダーで、わかることを2つ紹介します。

1.強みと弱み

資質は「無意識の思考・行動・感情パターン」です。

資質を効果的に活かすことが出来れば「強み」になり、活かせていないと「弱み」になってしまいます。

 

強みにも弱みにもなる

 

どんな場面で、「強み」あるいは「弱み」として現れるのかを自覚し、意識的にコントロール出来るようになりましょう。

以下の記事に詳細を記載しています。

【無料配布】ストレングスファインダー34資質の特徴・強み・弱み一覧

 

2.モチベーション

資質によって行動に繋がるモチベーションがあります。

「最近なんかやる気が出ないなー」と思っている時に、あなたの持つ資質がモチベーションとなることをすることで、行動を起こすための原動力となります。

 

モチベーションがわかる

 

資質のモチベーションの例

・「共感性」の資質:映画やテレビを見て、笑ったり感動して泣いたりする

・「達成欲」の資質:ToDoリストを作り、やることを一覧化する

・「社交性」の資質:新しい出会いがある環境に足を運ぶ

・「内省」の資質:一人でじっくり考え事をする

 

井上の例

僕は「アレンジ」という資質を持っており「複数の物事を効率的に進めること」がモチベーションです。

SEをしていた時には、帰宅前に翌日のタスクを洗い出し、翌日どの順番で仕事を進めるのが効率的かを考え、実行するのがモチベーションでした。

そして、予定通り終わった時は喜びでした!

当日朝に「どの仕事からやろうか」と考えることは好きではありませんでした。

 

ストレングスファインダーから「わからないこと」

ストレングスファインダーで、わからないことを紹介します。

適職

ストレングスファインダーでは、「何が好きか」「何をするか」ではなく、「どのようにするか」がわかります。

そのため「この資質の人はこの仕事をすると良い」といった、「適職」を知ることは出来ません。

 

適職はわからない

 

「成長促進」を持っている教師が多いなど、この職業に多い資質の傾向はありますが、この資質がないからこの仕事が出来ないということはありません

 

例えば、SEでも、「学習欲」や「内省」を持っていると、自分で調べながら進めていく方法が得意ですし、「アレンジ」や「社交性」を持っていると、周囲の人の力を積極的に借りながら進めて方法が得意です。

僕は後者のタイプなので、沢山の人に質問しながら、推進していました。

周囲が優しい人ばかりでよかったです。

 

「このやり方が正しい!」ではなく、自分に合ったやり方で取り組むことが大切です。

 

ストレングスファインダーは何に活かせるツールなの

ここまで、ストレングスファインダーで「わかること」と「わからないこと」を紹介しました。

実際にストレングスファインダーが何に活かせるかを3つ紹介します。

実際にあなたが困っていることの助けになれば幸いです。

 

1.就活・転職の自己PR

就活や転職の自己PRに有効です。

強みがわかるので、資質の強みと実際に資質を活かして成果を出したエピソードを紐付けることが出来ます。

また、弱みもわかるので、同じエピソードから苦手に感じた点を探すことも出来ます。

強みと弱みのエピソードを出せることで説得力が上がります。

 

2.仕事の生産性を上げる

自分に合った仕事のやり方がわかるので、仕事の生産性が上がります。

 

僕は、SEをしていた当初、「全て自分で調べて理解しないといけない」と思っていました。

僕は、自分で調べて理解していくことが苦手で、仕事を抱えてしまっていました。

ストレングスファインダーの結果を見て、自分は人とコミュニケーションを取りながら効率的に仕事を進めていくことが得意なことに気づきました。

そこから自分で悩み過ぎるのを止めて、周囲の人にわからないことを積極的に質問するようにしました。

すると、自分一人でやるより、圧倒的にスピードも成果も上がりました。自分に合ったスタイルで、仕事を進めることが大切なことに気づきました。

 

さらに、自分に合う方法で仕事が出来るようになれば、成果が出るため、自信にも繋がります。

 

3.コミュケーションを円滑にする

ストレングスファインダーを使うと、上司/部下のコミュニケーションや夫婦間のコミュニケーションが円滑になります。

理由は自分と人との違いがわかるからです。自分がアタリマエだと思っている考え方は、他の人にとっては、アタリマエでないことに気づきます。

 

相手との違いを恐れなくなり、互いに尊重することで、コミュニケーションが円滑になります。

 

まとめ

ストレングスファインダーで何が出来て・何が出来ないのかを紹介しました。

ストレングスファインダーを受けるべきか悩んでいる人の参考になれば、うれしいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です